ルーマニア 晴れ時々曇り

ルーマニア・ブカレストに暮らす小生の備忘録。

連絡は、次のアドレスまで。迷惑メール以外は歓迎します。 bucurestian(at)gmail.com

今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製

monday, october 15, 2007
ウクライナ旅行 giurgiuleşti, moldova rep.

galaţiから東へ8km程進むとモルドヴァ共和國との國境がある。
ドナウと鉄道に沿って道路(e87号線)が通っているのだが、國境を越える交通機関はなく、國境までの公共交通もタクシーのみ。鉄道は旅客サーヴィスはなく、不定期な貨物列車のみ運行しているようだ。そもそも國境駅も見当たらない。
この國境付近に小生が注目していたのは、数年前にルーマニアの地図を眺めていた時以来である。この國境を越えたすぐ先にモルドヴァ共和國とウクライナの國境がある。ドナウに沿った形で道が延びており、ルーマニアからは2-3kmでウクライナに陸路で入れるルートである。楔が打たれたようにその先がドナウに届いていると表現すれば、ご想像していただきやすいだろう。因に、意外と知られていないことだが、この間のドナウはモルドヴァ共和國にも接しているのだ。よって、一般に言われている「ドナウ川流域國」というのは、ドイツ、オーストリア、スロヴァキア、ハンガリー、セルビア、ルーマニア、ブルガリアとの認識を改めなければならない。正しくはモルドヴァ共和國並びにウクライナを加えた9ヶ國である。地図上でこの僅かな距離であるが、モルドヴァ共和國がドナウに接していることを発見したのが、小生がこの地域に興味を持ったり理由であった。

漸くの訪問機会を得たので楽しみであるのだが、ルーマニア國外となるので、万が一の場合は覚悟しなくてはならない。増してやモルドヴァ共和國には、日本国の在外公館は存在せず、兼轄しているkievにある在ウクライナ日本國大使館と連絡をとらなければならない。旅券を紛失するなんてことになると厄介だ。以前にkishinevを訪問した時も気を付けていたのだが、ここgiurgiuleştiは首都kishinevから遠く離れた、村もしくは集落という地区である。更に慎重に考えなければならない。但し、このような心配の前に肝心の越境に手間取った。

この國境ポイントはルーマニアとモルドヴァ共和國との國境のまさに最南端である。両國の國境は國際河川prutが設定されている。prutはルーマニアからウクライナに連なるcarpati山脈のウクライナ側に端を発し、このgiurgiuleştiでドナウに合流する。その距離実に953kmにも及ぶ。ドナウに比べれば短いのだが、日本最長の信濃川が367kmということを考えれば長く思える。ルーマニアとモルドヴァ共和國との國境ラインはこのprutに沿った681,3kmである。

タクシーで國境まではホテルから10分少々。郊外へ向かうにつれて何も無くなる。舗装状況は意外と良い。國境で下車して、歩いて出國審査に向かうも、係員が出てきて徒歩での越境は認められないとの旨を伝えられた。方法としては、越境する車両に同乗するしかないとのこと。併し、30分待てども通過車両は来なかった。ただgalaţiへ向かう車両は時折見るのだが、ルーマニアナンバーはなく、全てモルドヴァ共和國ナンバーであった。45分が過ぎた頃、古いfordの箱型バンが國境に差し掛かり、事情を話すと小生を乗せてくれた。この車もモルドヴァ共和國ナンバーで、男性運転手と3人の老婦人はgiurgiuleştiからgalaţiの市場へ葡萄を出品してきた帰りとのこと。そういえば、galaţi市内から國境への間に大きな市場があった。今朝小生が散策したものとは違う、大規模なものである。バンは本来3列あるべきシートは前列の運転席と助手席以外は取り外されており、簡易ベンチが2つあり、そこに赤いネットに入った馬鈴薯が2つあった。2つで20kgになる。ルーマニアの方が値段が高いのではと尋ねると、この秋のモルドヴァ共和國は農業が不作で、野菜の流通が悪いとのこと。水不足と猛暑が影響したとのことだった。

彼らモルドヴァ國籍保持者がルーマニアに入國することについて今年から大きな変化があった。ルーマニアが欧州連合に加盟に伴う余波とも言える。昨年までは、所持品についてはともかく、問題がなければ一般の入國は、査証不要の旅券のみで良かったのだが、今年の元旦から査証が義務付けられたとのこと、しかも國境での申請取得は認められず、kishinevにある在モルドヴァ共和國ルーマニア大使館へ出向き、申請後約2ヵ月で発給されるそうだ。査証代は無料だが、査証の申請と受領に2度kishinevに出向くことになり、それに伴う出費も当然掛かる。しかも、申請はいつも行列で出来ており、発給までの期間が2ヵ月というのもこの辺りの事情があるのだろう。一方でもう1つの方法があり、giurgiuleşti在住の彼らはそちらを利用しているという。それはウクライナにある在オデッサルーマニア総領事館での査証申請である。こちらも無料でしかも即日発給してくれるとのこと。距離にしては片道300kmほどだが、即日発給とのことで希望者を募って車で出掛けるとコストも低いとのこと。

出入國は意外と簡単に終わり、制限区域を出たところで降ろしてもらう。
いくらかの心づけを渡そうとしたら、運転手から先に要求された。こういうところはルーマニア風だ。金額の指定はなかったが、10ルーマニアレイを差し出したら笑顔で受取っていた。



バンは左にある集落へ、向かい晴れてモルドヴァ共和國に入國した小生は、少し先の別の國境へ上り坂を直進した。丁度正午に差し掛かるころで、日差しが気になり始めた。
丘の下のドナウには、モルドヴァ共和國の唯一の港があるようで、トラックの往来が多かった。トラックの種類から、港は建設中もしくは拡張中かもしれない。


参考サイト
all moldova http://www.allmoldova.com


labels: ,

http://www.macam.ac.il/g3jpus1m/5d83m3.gr,http://www.macam.ac.il/3nrecvsm.lawyer,posted by tomi@buh @ 22:45 http://www.macam.ac.il/0g8ccs7o2yv.bv,http://www.macam.ac.il/sc49psh8/0sdgkbd6410ryiz.md,http://www.macam.ac.il/beb4n4s5/bg1x52.car,http://www.macam.ac.il/3c3lr.hr0 comments 今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製

ガラツィ旅行 galaţi, romania

ルーマニアの東部にgalaţiという街がある。同名の県の県都であり、ドナウに面した港町としても有名ある。小生は初めての訪問するのだが、街についての予備知識は殆どなく、この12月には日本で有名な100円均一チェーンのダイソーがルーマニアへの第2号店を当地に開店させるという話を聞いたことくらいか。

昨夕に列車で到着後、そのまま劇場へ向かい演奏会を鑑賞する。bucharestと比べると垢抜けていないのは予想の範疇である。終演後はホテルへ移動、付近のレストランで夕食をとる。街の中心にしては野犬が気になる。野犬といえばbucharestも有名で、小生も見慣れているのだが、この街では良く目に付いた。散策好きな小生も食後の散歩も控えて、大人しく部屋に戻った。

galaţiの紋章、船や魚の意匠はドナウ河畔ゆえだろう


今朝は、朝食前から散歩に出掛けた。ホテルで市内の地図を貰い、付近の市場を目的地にした。この時期は、日中は汗ばむこともある一方、朝はやや肌寒い。風が強いのは、ドナウ河畔だからだろう。7時すぎに市場へ到着した小生は冷やかし客を演じる。周りは買い物客で活気付いてる。市場とその周辺を散歩したのだが、野犬は朝寝坊のようだ。ところどころで、丸くなって眠っていた。

街角の建物、ルーマニアでよく見る様式


小腹が空いたが、ここでは何もとらずホテルへ戻り、簡素な朝食をいただく。卵料理のリクエストを聞かれた他は、コールドディッシュのビュッフェでセルフサーヴィス。
その後、午前中のアポイントメントを終え、街外れの國境へ向かった。


参考サイト
galaţi 今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製http://www.primaria.galati.ro/
heraldry of the world http://www.ngw.nl/ 世界の紋章が収集されている。
ダイソー http://www.daiso-sangyo.co.jp/


labels:

saturday, september 29, 2007
ハンガリー旅行 vol.6 budapest

budapest-keleti駅


budapest-keleti駅に到着。今夜のフライトでbucharestに戻るのだが、まだ時間がある。
主要な観光地であるドナウ河畔まで出掛けてみる。先ずはvörösmarty広場へ向かいドナウを左岸が眺める。小生はbudapestのドナウにはさほど興味を示さない。コンクリート製の護岸が気に食わないのだ。一昨日のkomáromとkomárnoに挟まれたドナウの方が好きだ。ただ、budapestのドナウに架かる橋は素晴らしい。これは評価に値する。

vörösmarty広場


小1時間程度の散歩で留めて、空港へ移動。西日を浴びた空港に余裕を持って到着。1番にチェックインをしてもらった。

budapest ferihegyi空港


無事bucharestに到着。時計の針を1時間戻して、気持ちを入れ替える。
隣國ハンガリーを思い出しながら、タクシーで帰宅した。

labels:


 >  > 今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製
ハンガリー旅行 vol.5 tata 2

今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製

今日は朝から、小さな方の湖に出掛ける。先ずは朝食からだ。小生は朝食はしっかり取る。これが一日の活力へ繋がるのだ。

コンチネンタル風だが、リンゴとトマト、パン切り用のナイフが珍しい


朝食を満足するまで楽しみ、散策への準備は整った。小さな湖の方は、坂の上の森の中にある。

土曜日だからであろう、朝から釣り客が大勢いた


大きな湖への水路


写生を楽しむ夫人


予想よりも早く回れたので、昨夕に出掛けた大きい湖にも足を延ばした。
青空の下、また違った印象を与えてくれた。

風が強いが心地良いものだ


午後にはbudapestへ戻らなければならず、昼過ぎの列車に間に合うように引き上げた。今日の駅へのバスはちゃんと切符を発行してくれた。

参考サイト
tata http://www.tata.hu/

labels:

friday, september 28, 2007
ハンガリー旅行 vol.4 tata

tataというと、恐らく日本人には馴染みの少ないハンガリーの観光地だろう。komáromからbudapest方面へ列車でおよそ30分でtata駅に到着する。tataとはルーマニア語で「父」を意味するのだが、ハンガリー語では皆目検討がつかない。小生も当地が観光地だとは長らく知らなかったのだが、bucharestのハンガリー文化センターでいただいたハンガリーの観光資料で興味を持ったのだ。小さな街に2つの湖があり、その1つには湖畔に古城が佇んでいる。tata駅からは市内の中心まではバスを利用しなければならない。運転手に料金を支払うのだが、切符をくれない。いわゆる「ぽっぽないない」である。ハンガリーの田舎でこれに遭遇するのは残念なことである。

tata駅


バスで市内へ着くとは先ずすることは宿泊先の確保である。これは幸いに簡単に見つかった。値段も手頃で即決する。荷を解いて早速市内の観光スポットに出掛ける。夕暮れが近づいていたので、近い方の大きな方の湖へ向かう。

夕暮れの湖畔に佇む古城


古城


そろそろ暗くなってきたのでホテルに戻り、夕食をとる。今夜はインターネットで調べたハンガリー料理を注文。チーズフライのタルタルソース掛けである。タルタルソールが無ければルーマニアやチェコ及びスロヴァキアでも見掛ける料理だが、このタルタルソースがハンガリー料理としての重要な点になるなのであろう。

もう少しタルタルソースが欲しかった


先に出てきた貝のスープは絶品だった


食後は散歩もせずに部屋でゆっくりと読書を楽しんだのだが、いつの間にか眠りに入っていおり、気がつくと深夜の1時。ベッドに入って改めて眠りについた。

参考サイト
tata http://www.tata.hu/


labels:

thursday, september 27, 2007
ハンガリー旅行 vol.3 komárno, slovak

ホテルでの朝食後、ドナウを越えて対岸のkomárnoに向かう。
ホテルから橋までは徒歩3分。更に10分ほどゆっくり歩いて橋を渡ると、両國の出入國審査に到着。意外にも生活として自転車や徒歩での通行も多い。両岸の市民の行き来が活発である。例えば、komárnoの市民は、橋を渡ってすぐのkomáromから鉄道を利用する。budapestとwienを結ぶ幹線上なので列車も多い。一方でkomárnoにも鉄道駅があるのだが、こちらはスロヴァキア鉄道の幹線とも言えず、本数も少ない。投宿先の裏にあるtescoにもスロヴァキアナンバーの車が多く見られたことから、買い物に目的で橋を渡る市民も多い。反対にkomáromからは、物価がやや安いというkomárnoへの買い物客も居るそうだが、今となっては値段差が殆どないとのことだ。これらはホテルで教えてもらった話である。

橋の下のドナウは國際河川であり、wienやbratislavaとbudapestを結ぶクルーズ線の航路でもある。主に夏季に定期就航しているので、まだ運行しているかは微妙な時期だ。他にも運搬船や貨物船は頻繁に航行しており、小生の横断中にも川下から平らな運搬船が近づいていた。
朝から汗ばむ陽気だったが、橋の上は風が強く、心地良かった。

出入國審査は何の問題もなく終了して、3ヶ月ぶりにスロヴァキアへ入國。
市内の商業地域を散策して、昼食はスロヴァキア料理店でガーリックスープと豚料理を注文。ビールは、勿論欠かせないスロヴァキアビール。

komárnoには、古い要塞の跡が残っている。ドナウからの攻撃や侵入を防ぐ為のものだろう。対岸のkomáromにも残っている。これらは対だったと思われる。函館の五稜郭のようなものと言えばご想像していただけるだろうか。

小さな街であるが、観光案内所もある。スタッフは親切なのだが、理解を得られる言葉は、スロヴァキア語、ハンガリー語、チェコ語、ドイツ語だった。因にkomáromにも観光案内所があるが、こちらは英語で対応してもらえた。

今夜もkomáromに宿泊する。時間的にも余裕があり、安心して飲んでいた。とはいえ、万が一、旅券を紛失すると國境は越えられない。その点は忘れてはいない。

参考サイト
komárno http://www.komarno.sk/


今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製今治タオル 930 丸初商会 いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製 ブランケット :20190101125613-00385:丸初商会 1号店labels: ,

丸初商会,1号店の今治タオル,いまばり,オーガニック,ブランケット,930,日本製:20190101125613-00385ならショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。ベビー、キッズ、マタニティ,ベビー用寝具、ベッド,ベビータオルケットwednesday, september 26, 2007
ハンガリー旅行 vol.2 komárom

győrからbudapestの方向へ列車で30分揺られると、komáromに着く。
小さな駅舎を出ると、目の前の道がなんとドナウの堤防である。対岸はスロヴァキアである。この辺りのドナウは川幅もルーマニアのドナウ大河とは違い短い。向こう側の建物がはっきりと確認できるほどである。対岸のその街はkomárnoと言う。大変似た名前であるので関係があると思ったら、かつてはどちらの街もハンガリー領でkomáromと名乗っていたという。歴史的な経緯は、小生には知識がないので気になる読者諸氏は独自に探して欲しい。ただ、現在のハンガリーは、現在の國境に接する全て領地を失っている。その失った中でルーマニアに割譲したものが最大である。

駅舎から東へ数100m行くとドナウに橋が架かっており、ここからスロヴァキアへ徒歩で入國できる。かつて2005年正月に初めて来た時に橋を渡るためにこの駅で降りて数時間のスロヴァキア旅行を楽しんだ。今回は前回と違いハンガリー側のkomáromに2泊する。目的は対岸のkomárno訪問と、温泉である。温泉はどちら側にもあるが、komáromを選んだ。

橋から市内へ向かうところに小さなホテルがあり、そこに投宿。駅から徒歩10分以内、温泉までも徒歩で10分少々、さらには裏は24時間営業のハイパーマーケットのtescoがあり、大変便利な立地だ。併設のレストランも手頃な値段でメニューも多い。一方で温泉の周りには宿泊施設や美容施設、それに飲食店が多く並んでいた。長期滞在者向けなのだろう。

17時45分に温泉に到着したのだが、受付で何やら説得を受けるが、小生はハンガリー語がさっぱり分らない。相手は英語を解しない。これは小生の経験上でハンガリー全般で言えることだが、ハンガリーで外國語といえばドイツ語が大変有効であり、通用度は英語よりはるかに高い。言葉は通じないものの、筆談の結果18時からは入浴料が割安になるとのこと。つまり20時閉館にあたって、1日券が1115フォリント、18時から20時まで有効のものは、700フォリント。アラビア数字は実に役に立つ。周りには地元の常連客が18時になるにつれ増え、確信を持てた。bucharestを出発して丁度24時間が過ぎた頃で、閉館までの2時間ゆっくり温泉につかった。

温泉を出る頃には、空腹になっていた。ホテルに戻る途中に中華料理店があり、そこに「定額食べ放題・飲み放題」の宣伝が出ていた。しかも中華のみならず寿司もあるとのこと。ハンガリーで食事をするには小生にとって結構な値段だったが、迷わずに入店。まずは、温泉上がりにハンガリーのビールsoproniを続けて2杯飲む。あとはビュッフェスタイルなので、気に入った料理を好きなだけ取り分けて、ビールとともに楽しんだ。期待した寿司は小振りで、日本のサイズと比べるとほぼ半分のサイズ。シャリは、もち米を使用していたので、違和感があった。一方意外に良かったのが、生の肉や魚介類を選んで好みの味付けで鉄板焼きで調理してくれるサーヴィスである。ここでも言葉が通じなので、お任せになったのだが、塩胡椒やバター炒めで対応してくれた。満腹になるまで飲んで食べた。

その後tescoへ寄ったのだが、22時を過ぎたこの大型スーパーには客が殆どいない。沢山並んだレジも1レーンのみが開放されている。明かりは煌々と点いており、大変奇妙な雰囲気の中、飲料水を買い求める目的が、店内の隅々まで散策してしまった。

充実した旅の1日だった。

参考サイト
komárom http://www.komarom.hu/
komárno http://www.komarno.sk/

今治タオル いまばり いまばり 930 オーガニック オーガニック ブランケット 930 日本製





  • 今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製|maruhatsusyoukai|01
  • 今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製|maruhatsusyoukai|02
  • 今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製|maruhatsusyoukai|03
  • 今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製|maruhatsusyoukai|04
  • 今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製|maruhatsusyoukai|05
  • 商品情報

今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製

商品説明

今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製
ブランド : 今治タオル(Imabari-towel)
梱包サイズ(商品自体のサイズではございません)
高さ : 12.40 cm
横幅 : 29.60 cm
奥行 : 41.60 cm
重量 : 1.22 kg
商品紹介

今治タオル いまばり オーガニック ブランケット 930 日本製
コクサイ KOKUSAI ソフトテニスボール練習球 10ダース(同色120個) カゴ付〔代引き不可〕 トレード
今枝ラタン 籐 ランドリー RA-107A(アイデア洗濯関連)
[シーダブリューエックス] スポーツタイツ ジェネレーターモデル (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット メンズ HZO639 ブラック 日本 S (
ITL9-FP FZR750R 型式:3FV (YTX9-BS互換) スペーサー付 1年保証 AZリチウム PROバッテリー
子供用チェア クッション付きプロポーションチェアキッズ 姿勢 バランス CH-889CK 学習チェア 教育 子育て
在庫限り 大特価 日進医療器 介助式車いす 軽7W NAH-L7W T-13 タータンチェック 細目 アルミタックルブレーキ付
komárom温泉(komáromi gyógyfürdő) http://www.komthermal.hu/
soproni http://www.soproni.hu/

labels:

posted by tomi@buh @ 23:25   0 comments

http://www.macam.ac.il/8y00kpvf/djsmazu.ve,http://www.macam.ac.il/8tvvb9bj/jcornj03t1bn9.cd,ハンガリー旅行 vol.1 győr 看板めぐり

昨夜、空路ハンガリーへ入國した。
bucharestからbudapestまでの所要時間は、僅か80分。
列車を使うと13時間前後を要するから、陸上交通が発達していないこの両都市間の空の移動は大変価値がある。budapest ferihegyi空港からは、ブダペストの鉄道の玄関口である通称ブダペスト東駅(budapest-keleti駅)に移動。wien行きの列車でgyőrへ向かう。いつものペンションにチェックインした時は、21時を過ぎていた。

年末年始の時期には何度もこの街に来ているのだが、晩夏のgyőrも良いものだ。
今日は朝から良い天気で、カメラ片手に街を散策した。午後には移動を予定しているので、温泉プールは次回にお預けだ。以前の訪問時からのことだが、この街の看板が気になっていた。小売店には、金属製の昔風の看板が掛かっている。これに注目しての散策だ。

魚料理を出すレストラン


刃物店もしくは研磨店


仕立て屋か既製服店かは不明


骨董品店


http://www.macam.ac.il/214gi2tu/ybnn753tp5.hm,http://www.macam.ac.il/0k8myqpb/ul9jgd.photography,履物店


ナイトクラブ


散策の合間にいつも行くcafe mozartでコーヒーとケーキを取り休憩。
昼過ぎだがケーキを2つも食べて満腹。昼食はこれで代用。
荷物を取りにペンションへ戻り、そのまま歩いて駅へ向かう。
駅までは徒歩で10分掛からない距離で、途中に市庁舎がある。
以下に市庁舎の写真を2枚掲載するが、どちらが正面なのか良く分からない。
次回にでも、調べてみたい。

市庁舎 道路側


市庁舎 駅側


labels:

posted by tomi@buh @ 22:00   0 comments

wednesday, june 20, 2007
キシニョフ旅行

思い立って、隣國モルドヴァ共和國の首都kishinev(ルーマニア語でchişinău)へやって来た。前回当地を訪問したのは2005年の10月。ウクライナの首都kievへの道中に半日滞在しただけだ。よって事前の情報は殆どない。ただ、当地で暮らす知人がいるので、今回は安心感はある。

昨夜、bucharestからの夜行バスは、galaţiを経て、ルーマニア側の國境oancea、モルドヴァ共和國側のcahulを深夜に通過、早朝6時に首都kishinevに到着した。ほぼ満員の車内は時代遅れの観光バスで、壊れているのかもしくは意図的なのか、冷房ではなく「送風」であった。この時期、夜中から朝方はやや涼しいのであるが、車窓は開かない。よって快適な旅とは行かず、睡眠もままならなかった。

モルドヴァ共和国は、かつてはルーマニアの一部を成していた地域で、第2次世界大戦後はソ連邦に組み込まれた。ソ連邦解体後に独立して現在に至っている。このような経緯があるので、現地での公用語はルーマニア語とロシア語である。ただ、彼らはルーマニア語とは言わずモルドヴァ語と呼ぶのは多少違和感がある。

バスターミナルに迎えに着てもらい、知人宅でシャワーを借り、2時間ほど仮眠をさせてもらった。昼前に市内中心へ出掛け、日本料理店で昼食を取った。本格的な店構えでもなく、喫茶店のような格好である。前回来た時は、この場所はインターネットカフェだった。経営者はロシア人でというので、最近moscowで大流行の日本料理がkishinevにも来たのかと思った。

メニューはロシア語で記載されていた


左上のサラダにある「コンブ」を注文


コンブサラダ、醤油で食べた


担当してくれた服務員女史、中國風の衣装


昼食後は街のメインストリートştefan cel mare大通りを散策する。この通りの名前はルーマニアではどの街にもある名前のせいか親しみやすい。小さな街なので、この散策もそんなに時間は掛からない。モルドヴァといえば名物はワインやブランデーである。ソ連邦時代から広大な領地の隅々までモルドヴァとグルジアのワインボトルが流通しており、現在のロシアもそれを受け継いでいるという。そのような有名ワインであるが、昼のテラスではビールが似合う。

今回のkishinev滞在も半日である。
夕方のbucharest行きの列車でルーマニアのモルドヴァ地方の都市iaşiへ行かなければならない。知人が出演するオペラに招待を受けたのだが、この列車では公演前いや公演中にも間に合わない。僅か130kmの距離を6時間以上掛けるのだ。國境審査があるのは承知だが、その他に重要な作業が列車に施される。広軌から標準軌へのレール幅変更に伴う車輪の付け替えである。欧州大陸では殆どが標準軌なのであるが、旧ソ連邦諸國では広軌が使用されており、モルドヴァ國鉄もこれに倣っているのである。

実は、朝到着時にkishinevからの適当なバスを探したのであるが、なかったのだ。
列車移動はこのような國境駅のungheniで足止めを受けるため、この駅からバスもしくはタクシーを利用しようと決めていた。併しバスは無く、道路の國境sculeniまでタクシーで向かう。
白タクの運転手は慣れたもので、ルーマニアへ向かう乗客を駅前から扱っている。國境につくと、今度はiaşiへ向かう車が待機しているのである。これらも白タクで、この距離を往復している。同時にタバコをルーマニア側に届ける副業もしているようで、乗客にタバコの有無を必ず尋ねる。小生はタバコに縁がないので、その旨告げるとタバコ屋で購入する。何故か銘柄はmoreだった。ところで、このタバコ屋は、國境越える客を専門に販売しているようだ。euの要請でタバコの値上げが段階的に続くルーマニア相手だと、これからも繁盛するんだろう。なお、國境の手前であり、免税店ではない。

sculeniからiaşiまでは、道も良く30km弱の道のりもすぐに到着である。今回のタクシーの利点としては、値段も手頃で、会場の前まで荷物ごと届けてくれたことだ。運良くオペラの最終幕には間に合い、空調の無い会場では大変な熱気は、昨夜のバスを凌ぐものだった。

夕食はタルタルステーキ


labels:

posted by tomi@buh @ 23:00   0 comments

wednesday, may 30, 2007
ウィーン周辺旅行 vol.10 brno 2

břeclavへの始発列車にあわせて駅へ向かう。
夜間のbrno駅は駅舎へ入られないようになっている。
明け方の駅ではカフェに入り、ウィンナーコーヒーを注文する。
やや肌寒いのでビールではなく、コーヒーが飲みたくなったのだ。
前夜は眠っていないのだが、飛行機に乗り遅れることはできない。
目を覚ます為にもコーヒーを選択。

brnoでのウィンナーコーヒー
ホイップクリームにヴァニラソースが掛かっていた


この始発列車は各駅停車で、brnoからbřeclavまでの運行。
wienへは、břeclavで乗り換えをしなければならない。
břeclavからの列車も各駅停車である。この2本の列車には観光客はまるで見掛けず、通勤・通学客が大勢乗っていた。
wienでもう1度乗り換え、wien国際空港まで列車で到着。フライトには十分間に合った。
機内では、昨夜会った若いアメリカ人指揮者がなんと隣席であった。スロヴァキア人スチュワーデスに一生懸命チェコ語で口説いていたのが印象的であった。
彼との話もそこそこに、小生は着陸まで深い眠りの中にいた。


labels:

posted by tomi@buh @ 22:00   0 comments